ホーム  >  加工技術

一貫したものづくり

新寿堂の加工技術

インデックス加工

インデックス加工は、手帳の小口側に見出し加工を施すことです。
その利便性からニーズも高く、手帳以外にもカタログなどにも採用されています。
当社のインデックス加工は、製本されたあとに加工を行うため、ズレが生じにくく、精度を保ちながら綺麗な断面を実現しています。
詳しくはこちら>

表紙素材

手帳の顔である表紙は、革製、ビニール製(PVC)、合成皮革製とありとあらゆるものが使用されています。ユーザーの好みや、企業や団体のオリジナルカラーなど、色だけでなく風合いも多種多様に選択できます。
また、表紙には年号や社名などの箔押しやエンボス押しなどを施すことで、オリジナル手帳となります。

角丸

手帳は、スーツの胸ポケットに入れたり、かばんに入れたり、常に場所を選ばず、折れ曲がったりすることもあります。
手帳の角を丸く切り落とすことで折れ曲がりにくくなり、仕上がりが優しくなります。

小口色付け・磨き

仕上がった手帳の小口(手帳の断面部分)に色を塗ることで、装飾を兼ねて汚れを防ぐ効果を生みます。手帳の表紙に合わせて自由自在に指定の染料を刷毛で塗り重ねます。
さらに、塗った小口を固く、滑らかな「瑪瑙」で磨くことにより艶を出し、独特の風合いを実現する工程は当社独特の技術です。
小口は、染料で染めるものの他に、金や銀色の箔を巻くこともできます。

製本形式(くるみ製本・切付製本)

くるみ製本
くるみ製本とは、表紙と冊子が一体化(貼り付けられた)された製本方法となります。
機械による「くるみ」ができない複雑な表紙などに対応するため、熟年の作業者により1冊1冊丁寧に人間の手によってくるむことができるのも当社の独自の技術です。
糊が乾かないうちに、すばやく細心の注意を払いながら手帳がずれないように同じ品質で仕上げていきます

切付製本
切付製本とは、完成した手帳をビニール表紙などに差し込む製本方法です。
差込口には、アドレス帳や路線図などの付録品なども一緒に差し込むことが可能です。

糸かがり製本

手帳は、1年間365日使うものです。
毎日、「開いて」「閉じて」「書き込んで」何度も何度も繰り返し1年間使用されます。
その1年間の繰り返し使用に耐えられるための製本が糸かがり製本です。
糸かがり製本は、手帳メーカーとして当社のこだわりでもあります。

  • 初めて手帳・ノートを製作したい方へ
  • 手帳・ノート製作を見直したい方へ
  • 資料請求はこちら